初心者の為のアイメイク講座 アイホールのメイクをご紹介 TOP > 初心者の為のアイメイク講座、パッチリアイメイク

ペンシルアイラインは初心者向き

目を大きく見せたくて、ついつい頑張って沢山塗ってしまって失敗しがちなのが、アイライン。
もちろんある程度慣れは必要になりますが、アイラインの種類や硬さ等の形状の選び方ひとつで、簡単にアイラインが引けるようになります。

1番失敗しない初心者のひと向きのアイラインは、ペンシルタイプです。
硬さがあるので描きやすいのと、失敗してもぼかせる素材なので、ぼかして綺麗に仕上げる事ができるアイラインです。
ペンシルタイプには、くり出すタイプと鉛筆タイプがありますが、力が入りやすく描きやすいのは鉛筆タイプのアイラインです。
慣れていなく失敗が気になる人は、鉛筆タイプのアイラインから初めてみましょう。

リキッドアイラインを使う為には

リキッドアイラインは、ペンシルタイプタイプに比べて、先が柔く動きやすいために、初心者のひとにとっては使いづらいアイラインです。
でも、目の周りをはっきり描いて目元をパッチリ見せたいひとは、出来るだけ先の細いリキッドアイラインを使うことをおすすめします。
先が太いリキッドアイラインは、太く描きすぎてしまったり、はみ出してしまったりと、初心者には扱いづらいアイテムです。

最初の内は細い物をうまく使いこなすようにすることが、上手くアイラインを描くコツにもなります。
一気に1度に描こうとすると、リキッド型は歪んで描いてしまう事が多いので、少しずつ描いていくと綺麗に仕上がります。
リキッドアイラインは汗や皮脂に弱く崩れやすいので、ウォータープルーフ型のアイラインを選びましょう。

マスカラ

長くボリュームアップさせるためには、マスカラ下地を先に塗ることがポイントです。
ボリュームを多くしてくれるだけではなく、下地をきちっとしてくれるので、マスカラが取れ辛く持ちが良く、マスカラのノリも全く違いますよ。
下地を塗ると塗らないとでは、仕上がりが全く変わってきますので、面倒でもやってみましょう。

次にマスカラ本体を塗るのですが、綺麗にマスカラを塗るコツは、液を付け過ぎていないマスカラで、何度も繰り返しマスカラを塗り重ねる事です。
マスカラの液体をブラシに沢山付けた方が、一気にまつ毛に乗ってボリュームアップしてくれるように思ってしまう事は、結構色んな人がやってしまう間違った方法なんです。
マスカラ液のブラシへの付け過ぎは、まつ毛に付けた後のダマを引き起こしてしまうので、マスカラ液をブラシにつける時は、極力容器の口でしごいて、少ない量をまつ毛に付けていきましょう。
それを数回行う事で、綺麗に長くボリュームのあるまつ毛を作り上げる事が出来ます。